消費者金融を選ぶならどこがいいか

私が初めて利用した借入は消費者金融から提供されていたものでした。銀行から借入ができるほどお金の管理をしっかりとしておらず、毎月何かした口座からの引き落としが遅れて、振込用紙で支払っていました。

消費者金融というとかなりサービスに不安もありましたが、交通事故の時にお世話になった弁護士が債務整理やお金のことにも詳しい方だったので、気軽に相談してみると消費者金融のおすすめも教えてくれました。

しかし、借り入れをしないで自分で貯金をしたほうがトータルコストは少なく済むということも教えてもらい、決定権は私にあると丁寧なアドバイスをしてもらえました。法律のプロでもある方からアドバイスをもらえたこともあり、しっかりと審査にも通過できて借り入れも頼れました

用途は主に交通費の補てんで、あとから会社から支給されるため、返済に関しても不安はありませんでした。多少の金利は自分で支払わないといけませんでしたが、その辺も経費の一つとして会社に請求できたので、お金の支払いで困ることはありませんでした。

何度か利用しては完済をしているような状態が続くと増額融資をしないかという話の書類も消費者金融から届きましたが、増額する必要はなかったので、そのままで利用しました。収入が十分とれるようになり、会社の経費にも効率的な仕組みが取り入れられて少しずつ借り入れも使用しなくて済むようになりました。

今でも、どうしても必要な時にはその借入を頼っていますが、お金の管理で失敗するのは怖いので、必要最小限の利用だけにしています。借入できるかわからない場合には消費者金融のサービスを頼っておけば損はないです。

消費者金融を選ぶときには、金利やサービス、返済方法などを比較する人は多いですが、それだけでは本当に安全なサービスかどうかはまだ判断できません。実際に利用したことのある方の意見やネット上の口コミ、時には債務整理に対する態度や応対の仕方もチェックしたほうが良いこともあります。

トラブルがあった場合の対処は主に過払い金への支払い率や任意整理でどの程度対応しているかチェックするとよいです。こうした情報は弁護士や司法書士のサイトにアクセスするとわかるので、しっかり実績が掲載されている事務所の情報をチェックするとよいです。少しでも対応が良い会社を選べば、借り入れから返済まで安心して頼れます。

大手の消費者金融でも、過払い金の返還をかなり渋ったり、悪態をついて対応する場合があります。もし取り立てが必要になった場合にも威圧的な態度や脅しを交えてしまうと法律に違反してしまうので、正式な会社ならば一般的な態度で対応をします。

それができない会社の場合には、信用できないので借り入れはしないほうが良いです。支社や支部などによってもそうした対処が異なっているので、借り入れ前には電話などでスタッフの様子もチェックしてみたほうが良いです。こうしたサービス以前の人間性については大手の消費者金融だから信頼できるとは言い切れないので、安易に決めないようにしてください。

サービス内容やスタッフの人間性が確かめられたならば、具体的に金利や返済方法でサービスを選びましょう。特に、金利は少しでも低く設定できるところの方がよく、14%くらいが理想的です。

借入限度額は50万円利用できれば良いですが、あまり少ない金額だと金利が上がってしまうこともあり、負担を減らすためには審査段階でも工夫してください。金利と返済方式は必ずチェックして、負担が減らしやすいサービスなのかどうかも理解しておくと安全です。借り入れが初めての場合は特に、負担が最小限に抑えられるサービスを頼って、少しでも安全に借り入れしましょう。